9月16日(月)敬老の日の祝日は受付しています。(最終受付は18時迄です)

朝起きたら首が動かない!ホントは怖い寝違えについて

wake up上肢(首・肩・腕)について
この記事は約2分で読めます。
たか院長
たか院長

こんにちは。たか院長です。
taka_sinkyu

割と頻度の多い疾患です。当院でも月に何人かは必ず来られます。急性の捻挫になる為、健康保険を使った施術も出来ますよ。

甘くみているとかなり痛い!

急に寒くなった時や、床やソファーなどで寝てしまった後、朝起きたら急に首が動かなくなっていた。みなさんも一回くらいは経験があるかと思います。

首の寝違えは何故起こるの?

原因については諸説いろいろ言われていますが、「睡眠中の無理な姿勢や寝返りによる、長時間の筋肉やじん帯、神経の圧迫が原因」というのが一般的となっています。

間違えないで下さいね

さて、基本的な話をしますが、絶対に無理に動かそうとしないで下さい。

「少し我慢して動かした方が治るもんだよ」なんて言いながらグルグル首を回す人を見かけます。「強めにマッサージしてくれ」なんて言われる人も見かけます。

単に筋肉の血流障害が原因の場合なら、それで楽になる場合もありますが、あまりおすすめはしません。なぜなら、動かせない程の痛みを伴う場合、それは筋肉やじん帯を損傷(捻挫)している可能性が高いからです。損傷している筋肉やじん帯に対して、無理な運動や安易なマッサージをすればどうなると思います?さらに痛みがひどくなると思いませんか?

施術方法について

接骨院で健康保険を使う場合と、鍼灸院で鍼を使う場合がありますが、おすすめは保険を使わずに全身調整を行う鍼(はり)を使った施術です。

健康保険を使う場合

急性の首の寝違えは、接骨院での健康保険の適応が出来る場合があります。当院では、問診や理学的検査から捻挫と判断出来る場合、健康保険を使って施術を行うことも出来ます。

健康保険を使わない場合

健康保険はその性質上、痛めた部位の局所的な施術しか出来ません。首の寝違えは一度経験した事がある人なら分かると思いますが、めちゃめちゃ痛いです。しかも、かなりつらい状態が2~3日、長ければ1週間程度続く場合もあります。痛みも首だけでなく、肩や手、背中まで広範囲に痛くなる場合もしばしばあります。

当院(鍼灸院)では、はりを使って局所的な部位だけではなく、身体全体のバランスを整える事で、根本的な改善を目指しています。また、早期の回復という意味でも、人の身体を一つの有機体と考えて、全身調整をした方が結果的には良い方向に向かいます。

まとめ

首の寝違え(捻挫)は、長時間の圧迫が原因による筋肉やじん帯、神経の炎症です。動かさないよう安静にしていれば炎症はだんだんと収まってきます。でも、首をずっと動かさないという訳にもいかず、動かせば炎症は続きます。痛みを我慢すれば、今度は背中や手まで痛みが広がる結果になりかねません。

なにかありましたら、当院にご相談下さい。

タイトルとURLをコピーしました