9月16日(月)敬老の日の祝日は受付しています。(最終受付は18時迄です)

初めての鍼灸院!でもどのくらいの頻度で通えばいいの?

ask鍼灸について
この記事は約3分で読めます。
たか院長
たか院長

こんにちは。たか院長です。
taka_sinkyu

この質問ですが、実はめちゃくちゃ良く聞かれます。でも、困ったことに一概には言えません。理由は簡単で「ひとりひとりの症状や身体の状態によって全く違ってくる。」からなんです。

人それぞれですよ
これらによって全く違ってきます
  • 年齢
  • 性別
  • 現在の体力
  • 生活環境
  • 職場環境
  • 食生活
  • 既往歴 など

鍼ってどのくらいの頻度ですればいいの?

例えば、急なぎっくり腰や寝違えのように、症状が出てからあまり日数が経っていない場合は、数回の施術でも劇的によくなるケースがあります。しかい、症状が重く慢性的な場合は、鍼による効果も長続きはしません。

一般的に、症状が出てから日数が経ってしまっているものほど、緩解までの施術回数や頻度も多くかかってしまいます。

急性の症状の場合

急性という言葉ですが、一般的には症状が出てから数日の状態をいいます。例えば「昨日重たい物を持ち上げて急にぎっくり腰になった。」とか「今朝起きたら急に首を寝違えた」という場合です。

急性の場合
例えば:ぎっくり腰や寝違え
  • 施術期間は短期となります。
  • 2~3回の施術でかなり改善出来ます。
  • 間隔を空けずに施術すると効果的です。
  • 概ね1週間~10日前後で軽快します。

慢性の症状の場合

慢性という言葉ですが、一般的に症状が出てから何年も何十年も同じような状態が続いていることをいいます。例えば「もう何年も肩こりでつらい」とか「ずっと昔から腰痛がある」または「更年期障害や自律神経の乱れで何年もすっきりしない」という場合です。

慢性の場合
例えば:肩こりや腰痛、自律神経の乱れ
  • 施術期間は長期となります。
  • 週1~2回の施術を目安にして下さい。
  • まずは3か月間の来院を目標にして下さい。
  • 昔から「痛かった期間と同じだけの治療期間が必要」とも言われています。

身体のメンテナンスの場合

今現在は特に気にならないが、「身体のケアをしたい」「日頃の疲れを取りたい」という場合。

メンテナンスの場合
例えば:定期的なケア、日々の疲れ
  • 定期的な施術を心がけて下さい
  • 月に1~2回程度の施術がおすすめです。
  • 疲労が取れない場合や急に疲れが溜まった場合は、早めの施術がおすすめです。
go

はりは効果抜群です!

日本では昔から鍼(はり)による施術が行われてきました。それだけ効果が高い証拠だと思います。現在はアメリカやヨーロッパでも盛んに鍼の研究が行われており、WHO(世界保健機関)でも鍼の効果は正式に認められています。

しかし、鍼は魔法ではありません。

症状が急性の場合は、数回の施術で劇的に良くなる場合もありますが、症状が重い、または慢性的な場合は鍼の効果も長続きはしません。2~3日は良い状態が続いても、また直ぐに元に戻ってしまいます。

それは病が身体の奥深くに潜んでおり、内臓を疲労させ、自然治癒力や抵抗力を下げてしまっているからです。これを取り除くには、腰を落ち着けて定期的にしっかりと施術を行う事が必要になってきます。

まとめ

  • 鍼は毎日しても大丈夫です。
  • 症状の重い方は、症状が和らぐまでは日数を詰めた方が効果的です。
  • 症状が慢性的な方は、長期的なケアを考えて下さい。
  • メンテナンスが目的な方は、定期的なケアが効果的です。

鍼に興味のある方。試してみようと考えている方。マッサージや整体とは別のアプローチを試してみたいと考えている方は、是非一度、日本古来の鍼(はり)を試してみて下さい。

鍼灸について
たか院長をフォローする
たった週一回のはりで身体が変わります!

たか鍼灸接骨院は、自律神経の乱れ・頭痛・めまい・肩こり・腰痛・身体のメンテナンスなどを専門にしている鍼灸院です。

また、接骨院なので交通事故後の自賠責保険を使った施術も行っています。

たか鍼灸接骨院
タイトルとURLをコピーしました