【お知らせ】水曜日と日曜日は定休日となります。

鍼灸院で保険を利用する場合

harikyuu

鍼灸院ではり師、きゅう師の施術を受ける場合、内容によっては健康保険の適応を受ける事が出来る場合があります。

健康保険の施術をうけるには?

  1. 対象となる疾患であること
  2. 医師の同意書(又は診断書)があること

上記の2点が条件となります。

対象となる疾患とは?

  1. 神経痛
  2. リウマチ
  3. 腰椎症
  4. 五十肩
  5. 頸腕症候群
  6. 頸椎捻挫後遺症
  7. その他(慢性的な疼痛を主訴とする疾病)

上記の7疾患を言います。

医師の同意書(又は診断書)とは?

  • 医師に「鍼灸」の治療を同意(又は診断)していただく書類の事です。
  • かかりつけの医師に必要事項を記入してもらって下さい。
  • 6か月に一度必要になります
同意書(又は診断書)は当院でご用意致します。

注意事項

  • 同意書(又は診断書)には、医師の診察が必要です
  • 医師とは、現に診察を受けているかかりつけの医師をいいます。なお、歯科医師の同意書は認められません。
厚生労働省より、2019年1月より「はりきゅうでの受領委任制度」の取扱いが言われていますが、香川県下では一部の市町村を除き、保険者側(高松市を含めた)の取り決めがまだ決まっていないのが現状です。その為、当院では現状の間は償還払いでの対応となります。
※ 償還払いとは、施術代金の全額を一旦患者さんにご負担していただき、その後、患者さんご自身で、自身の保険者に対して払い戻しの請求をして頂く事をいいます。
なお、払い戻しの是非は各保険者の判断によりますので、当院での確約は出来ません。予めご了承下さい。

ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。