高松市で交通事故!…Part2 接骨院での自賠責保険利用についての疑問点

   2017/07/31

たか院長(@taka.sinkyu)です。

随分久々の更新となってしまいました。連日30℃超えの暑い日が続き、体力も判断力も低下してしまいそうな毎日です。さて、以前のblogで、交通事故でむち打ちなどの症状が出た場合は接骨院でも治療出来る!という事を少しだけ書きました。今回はそのPart2です。

20160718163141

 

やっぱり良く分からない!

自賠責保険とは?

以前のBlogでも書きましたが、自賠責保険とは国によって全ての車やバイクに加入が義務付けられている強制保険です。この保険は怪我に対する対人賠償保険であり、運転していた本人はもちろん同乗者にも適用されます。

接骨院でむち打ちの治療を始めるには?

今回のblogでは、不幸にも交通事故に巻き込まれてしまい、関節の痛みやしびれ(捻挫.打撲.挫傷)、倦怠感、頭痛や不眠(不定愁訴)などの症状が出てしまった場合の、接骨院のかかり方についてもう少し詳しく書いていこうと思います。

むち打ち治療を始めるには!

事故後、直ぐにすべき事とは?

  1. なるべく早く、病院(整形外科など)で診察を受けて下さい。
  2. 病院のお支払いは、相手側の保険会社にお願いをして下さい。

まずは病院(整形外科など)で診察を!

交通事故では思いのほか身体にダメージが残ります。その場では大した事がないと思っていても、日に日に色々な症状が出てきます。俗にいうむち打ち症状と呼ばれる不定愁訴ですが、経験した事があれば分かると思いますが、結構ツラいです。

事故後はなるべく早く、遅くとも1週間以内には病院で診察を受ける事をお勧めします。

ここで少し裏話をしますが...保険会社の言い分として

  • 事故から1週間も2週間も経ってから病院へ行った場合、今回の事故とは関係ないのではないか?
  • 病院で医師による診断がない場合、捻挫.打撲.挫傷や不定愁訴などと今回の交通事故との因果関係が証明出来ない!

という事らしいです。

病院のお支払いは保険会社から!

交通事故の場合、病院で健康保険を使う事は出来ません。その為、全額自己負担となり、支払い金額も高額になってしまいます。相手側の保険会社に「○○病院に行きます。」と伝えておけば、支払いも保険会社に任せる事が出来ます。

 

病院と併用して接骨院でも治療を受けたい場合は?

医師の診断の結果、骨折や脱臼がない場合は、ほとんどが捻挫.打撲.挫傷という事になります。ちなみにむち打ちとは外傷性頸部捻挫の事を言います。

ここで少し自慢話をしますが...接骨院は

  • 捻挫.打撲.挫傷に関して経験豊富です。
  • 電気療法や温冷罨法、手技療法、後療法など専門的な施術を提供する事が出来ます。
  • 待ち時間も少なく、効率的な施術を提供する事が出来ます。

接骨院で施術を希望される場合は、相手側の保険会社さんの承認が必ず必要になります。

まずは たか鍼灸接骨院 Tel 087-867-2072 にご連絡下さい。その後、平日9:00~16:30の間で来院をお願いしています。

※ 一般的に、祝日や土曜日、平日午後5時以降は保険会社さんと連絡が取れません。当院では保険会社さんと直接連絡を取り合い、施術開始の承認を頂いてからの施術開始となります。院長が直接承認の確認が出来るまでは一切の施術を行っていません。予めご了承下さい。

平日9:00~16:30の間に、たか鍼灸接骨院へ!

来院時に問診をさせて頂き、施術部位を決定します。施術部位を決定した後、その場で保険会社に連絡をし、施術開始の了承を得ます。その後の手続きは基本的に当院と保険会社とでさせて頂きます。一括請求の場合は自己負担金もありません。

20160721175124

よくある疑問について

疑問①なんで先に病院へ行かなければダメなの?最初から接骨院ではダメなの?

病院と同じく接骨院も医療機関ですが、一般的には医師の診察結果を元にして、接骨院で施術を行います。

もちろん保険会社さんと患者さんとの話し合いの中で、保険会社さんから「接骨院だけでもOK」という事であれば何の問題もありません。

ただ、僕自身の考え方として「まずは病院で診察を受けて欲しい」というのがあります。骨に異常はないのか?靭帯は断裂していないのか?というのはレントゲンやMRIでないと分かりません。まずは病院で検査を受ける事が大切だと思います。

疑問②なんで接骨院に行くのに保険会社の了承がいるの?

最初にお話ししましたが、自賠責保険とは交通事故の被害者の為の対人賠償保険です。医療機関での治療費の支払いは、治療を受けた被害者本人ではなく、相手側の保険会社さんの代行で請求されて支払われます。保険会社を窓口として自賠責保険を使う限り、相手側の保険会社の了承が当然必要になってきます。

疑問③病院と接骨院と両方行ってもいいの?

どこの医療機関で治療を受けるかを決めるのは、あくまでも患者さん自身です。

一般的に接骨院へ通院する場合は、普段の治療は接骨院で行い、月に何度かは病院で検査を受けたり湿布などの薬をもらうという感じになるかと思います。

ただ、同じ日に病院と接骨院をそれぞれ受診するというのは出来ません。

cfaf4710b9655bad586bc609f266d438_s

まずは自分の身体を治す事を第一に考えて下さい。

接骨院でも自賠責保険を使っての治療は出来ます!

但し、保険会社さんの承認が必要になります。

相手側の保険会社さんと良く話し合いましょう!

患者さんの言い分もあれば、保険会社さんの言い分もあります。

面倒だと思わずに、相手側の保険会社さんとコミュニュケーションを取って下さい。

まずは自分の体を治すことだけを考えましょう!

なぜ接骨院に通いたいのか?それは、予期しなかった交通事故に巻き込まれて、予期せぬ痛みや不快感に悩まされているからだと思います。

「今回の交通事故が原因でこんな症状が出てしまった。しっかりと治したい!」という事をまずは考えて下さい。

たか鍼灸接骨院では、患者さんの「しっかりと治したい!」という思いに、真剣に応えていきます。まずはお電話でご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket